IMG_4903

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今映画でも大人気のマーベルキャラクターのフィギュアコーナーが新清水鑑定団にある~~!!!!!

 

本来なら、人気コーナーであるが故にお店のメイン所に配置されていてもおかしくないのですが、新清水鑑定団では割と店舗の奥の方、関係者以外立ち入り禁止の告知がある事務所入口の前にあります。

 

その理由は………………、

 

 

シミカン店長がマーベル好きのため、事務所に出入りする度にマーベルフィギュアを見てテンションを上げるためと噂されております!!!!!

そういえば心なしか店長の雰囲気にマーベル感が出てきたような……、

 

それでころかスタッフが全体的にヒーロー感が出てきたような……。

 

 

老いも若きも男も女も、マーベル買うのも売るのも眺めるのも、新清水鑑定団にお任せ下さい!!!!

 

只今、LINE登録でクーポン発行、その場で10%オフでお買い物できますので是非ご利用ください~♪

 

※ちなみにマーベルとは……↓↓

 

マーベル・コミックMarvel Comics) は、ニューヨークに本社を置くアメリカ合衆国漫画出版社である。DCコミックスと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつ。日本語表記については1990年代は「マーヴル」が公式とされていたが、揺れがあり「マーヴェル」「マーブル」と表記されることもある。なお本項では「マーベル」と表記する。

カリフォルニア州に本社を置く半導体メーカーMarvell社との関連は一切無い

歴史

1939年にマーティン・グッドマンを社長として、またその甥であり当時まだ十代だったスタン・リーを編集に据え、「タイムリー・コミックス(Timely Comics)」として発足したのが始まりである。のちに「アトラス・コミックス(Atlas Comics)」と名を変え、1957年には今の「マーベル・コミックス」となる[2]。競合誌の「DCコミックス」とともに、アメリカン・コミックを代表する著名なスーパーヒーローのほとんどを生み出した[3]1982年には、日本の漫画「AKIRA」の原版を反転しカラー化して出版している[4]1992年には、アメコミ界初のゲイのヒーローが登場する作品の連載も始めた[5]

1980年代後半から徐々に経営が悪化し、一時はマイケル・ジャクソンが買収に乗り出したこともあったが[6]1997年に倒産し、「マーベル・エンターテイメント」として再稼働するも振るわず、2009年ウォルト・ディズニー・カンパニーに買収された。

(ウィキペディアより)

 

 

上記の記事に買取価格がある場合の注意事項

■ 上記買取金額は新清水鑑定団店頭での買取金額となります。
■ 上記買取金額は完品・美品のものになります。
■ 相場の変動・在庫状況などにより上記金額で買取りができない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。


s-bn_210_30 インターネット店舗『ネットキャッチャー鑑定団』がOPEN!!

PCでスマホでタブレットで、本物のUFOキャッチャーを操作。獲得した景品は無料で自宅にお届けします!!トレカや全巻セットコミックなど「中古アイテム」も揃う、オンラインクレーンゲーム界の新たな刺客「ネットキャッチャー 鑑定団」がOPEN!今なら会員登録で5,000ポイント(約4回分)をプレゼント中!! YouTube公式チャンネル「クレーン_でも」で、操作の説明やクレーンゲーム攻略のコツなどを公開しております!!